園のこだわり
2016年12月5日 月曜日

4月の頃と比べてどんどん成長している
はぐはぐ・るんるん組の子どもたち。

以前は、おやつ時に袋菓子だと「あけて~!」と保育者に頼んでいましたが、
保育者が「お父さん指とお母さん指でビリビリするんだよ。」と
お手本を見せながら声掛けを続けていくうちに
今では子どもたち自ら袋をあけようと頑張る姿や
自分であけることができ喜ぶ姿を見られることが多くなってきました。
あけるのが難しい子どもは他のあけることが出来る子どもに
「あけて?」とお願いする姿もあります。

そのことから子どもたちの関わりが増え
1人遊びが基本だった子どもたちが他の子どもと一緒に遊ぶことが増えてきたように感じます♡

関わりが増えると同時に関わることでけんか等のトラブルも増えてくると思いますが
「友だちと一緒に」何かをする楽しさをこれから子どもたちのペースで経験できればいいなと思います。

また、言葉数もだんだん増えてきて「せんせ~!」だったのが
「〇〇先生~!」と名前付きで呼んでくれたり
「昨日、何したの?」の問いに「〇〇と〇〇と〇〇したの。」と答えることができたり
会話ができるようにもなりました。

子どもたちの成長を身近に感じられる環境に感謝し、
保護者の方と共有・共感し合うことが出来ればと思います。

これからの子どもたちの成長を保護者の方と感じていきたいです!

<はぐ・るん 齊野>    

カテゴリー: 園のこだわり
2016年12月3日 土曜日

12月2日にやきいも大会が行われました。

園庭の真ん中で保育者が芋を焼いている様子に子どもたちは

少し背伸びをして覗いてみたりじっーと見つめたりし興味津々!

ぐんぐん組の子どもたちは「おいしそうな、においがする!」と

やきいもが出来上がるのを楽しみにしていました。

新聞紙にやきいもを包み、みんなで「いただきます!」

と元気良く挨拶をしてやきいもをパクッ!

芋の皮まで美味しく食べていました。

やきいもを食べ終えると友だち同士で「おいしかったねー」

「あつかったー」とやきいものことで会話が盛り上がり

やきいも大会に参加できたことを嬉しそうにしていました。

12月は他にもたくさんの行事があります。

子どもたちと一緒に季節を感じながら楽しく行事に参加

できればなと思います。

ぐんぐん組 福田

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2016年12月1日 木曜日

わくのびきらの子どもたちの遊びはずっと親しんでいるものから
子どもたちのなかで流行っているものなど様々です。

最近、戸外では縄跳び・鉄棒・サッカーなどがブームで、
その中でもひときわ目を引くのは鉄棒!

きらきらの子達が鉄棒をしていたのを見て
真似して鉄棒で遊び始めたのびのびの子どもたち。

今ではのびのびさんが鉄棒を占領しているほどのブーム(笑)

1,2名の子達しかできなかった前回りが
今では何人もの子ができるようになり、
逆上がりに挑戦し始めた子も♪

「できなーい!」といいつつ、
「今のもうちょっとでできそうだった!」と
長い時間かけて何度も何度も挑戦する粘り強さは
本当に素晴らしいものでした!

そして楽しみながらやっているので
その表情はキラキラ輝いています☆

年上の子達の存在は本当に大きな刺激となっています。

 

きらきらさんと生活できるのはあと2か月ですが
それまでにたくさんのかっこいい所を吸収していって欲しいなあと
思うことです。

 

わくのびきら 佐多

カテゴリー: 園のこだわり
2016年11月30日 水曜日

今日で、11月も終わり明日から12月がスタート!
急に寒くなり子どもたちも鼻水が出たり咳がでたりと体調に
気を付けたい時期ですね。

一昨日は、はぐ・るんでお買いものごっこを楽しみました。
バックにお財布を入れ、『焼き芋屋さん』『きのこ屋さん』
『みかん屋さん』『マクドナルド』と4つのお店が並びました。

子どもたちを目をキラキラ輝かせながら買い物を始めました。

バックからお財布を取り出して、お金を出し上手に買い物が出来ていました。

1番人気は、マクドナルド!!
お買い物を楽しむだけでなく何名か店員さんになりきって
「いらっしゃいませ」や注文を「はい!はい!」と元気な返事で
対応する姿がありました。

他にも、みかん屋さんやきのこ屋さんでバックがいっぱいになるくらい
大購入する子やお店で買ったものを他のお店に持っていき物々交換する
子などいろいろな子どもたちの姿を見ることができ、私自身も楽しい
時間を過ごすことが出来ました。

その後、お店屋さんごっこで使った机を片づけていると子どもたちが
真似をして8名くらいで力を合わせて机を運ぼうと持ち上げる姿が・・・!
子どもたちがお手伝いをしようとしている姿を見て感動しました!

                   はぐはぐ・るんるん 寺内

カテゴリー: 園のこだわり
2016年11月29日 火曜日

寒さも少しずつ厳しくなり、

本格的な冬の訪れを感じられる頃となってきました。

そんな中で、子どもたちのふとした行動から、

ほっと心温まるひとときがあります。

 

毎日だれかしらがお食事やおやつを食べ終わった後で、

下膳やお片付けのお手伝いをしてくれます。

 

大人が持っても重たく感じるおぼんをよいしょ、よいしょ。

下膳場所から台車まで小さい身体で一生懸命運んでくれます。

「わぁ~こんなに重たいの運べたの?かっこいい☆!!

 先生すっごく助かったよ。」というと、

照れながらも、嬉しそうにおともだちの所に走って戻ります。

 

かごの中のぐちゃぐちゃに入ったお箸をきれいに並べてくれたり、

高く積み上げられたお茶碗を低く積みなおしてくれたり、

毎日同じ子どもではなく、気づいた子が気づいた時に

自ら進んで行ってくれます。

いつも大人がしていることを子どもたちは見ているんだな、

と改めて感じるとともに、

思いやりのある素敵なしらゆき保育園の子どもたちに

ほっこりさせてもらう日常です。

 

これからも、子どもたちの素敵なところを見つけて、

たくさん褒めてあげたいと思います。

 

お食事 本田

 

 

カテゴリー: 園のこだわり