園のこだわり
2015年4月27日 月曜日

ひと月に一回職員が五つのグループに分かれて

一円対話をお昼に行っています。

席順を決めるのもテーマがあり

今月は「今年になって買い物した金額の高い順」

で円になって座りました。

私のグループは

IHコンロ 洋服 プレゼント用の財布  ギターなどの順でした。

 

次は隣の先生の良いところと朝一番にする事をテーマにトークが始まりました。

朝一番にすることは?

神棚のお水を替える 大好きな卵焼きを作る 洗濯機のスイッチを入れる

テレビのスイッチを入れる 窓を開ける

朝一番にする事一人ひとり違い

朝の姿を知る事で何だか近親感をおぼえました。

 

次の日子ども達に

「朝起きたら一番に何をする?」と聞いてみました。

「う~ん、パジャマ脱いで洋服に着替える」

「トイレに行く」

「ご飯食べる」

子ども達の朝の姿でした(*^^*)

 

今保育園の職員が早番で朝一番にする事は

窓を開け

三階のテラスにこいのぼりを上げる事

元気に泳ぐこいのぼりに

子ども達も職員もみん~な元気をもらっています。 


わく のび きら  東村

カテゴリー: 園のこだわり
2015年4月24日 金曜日

はぐはぐ組には新年度が始まり、在園児のお友だちと含め

後期食2名・中期食4名のお友だちが

園で提供する離乳食を食べています(^^)

 

母乳やミルク以外の味やスプーンに慣れること

食物アレルギーの発症の危険

消化能力の発達・免疫の発達など考え

一人ひとりの月齢に合わせたものを提供します。

 

離乳食を作る際、軟かく煮たりドロドロに潰したり

仕上がりがどうしても地味になってしまう事が多いです(泣)

ですが、子ども達の成長にとって大切なお食事です。

少しでも美味しく食べてもらえるよう

鮮やかな色の食材を単品で盛り付けたり

柔らかな具材の中に、ひとつ噛みごたえのあるものを加えたり♪

 

毎日少しでも変化をつけて喜んで食べてもらえるよう

離乳食作りを通して、子ども達が『食べるって楽しい!』

と感じてくれる事を心待ちにしながら

また明日からも楽しい離乳食作り、頑張ります!(^^)!

 

お食事チーム   田中(か)

 

 

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2015年4月23日 木曜日

ひとりひとりの生まれた日を大切にする

しらゆき保育園(*^_^*)

先日、М先生のお誕生日でした♪

園長から花束と心のこもった手紙を

もらっていました。

 

園長は職員の誕生日に花束とメッセージを

プレゼントしてくれています(*^^)v

 

大切に思ってくれているから

私たちもみんなの誕生日を

大切に出来るのでしょう♪

 

「歌をうたいます(*^_^*)」

どこからか元気な声が♪

夜☆ちょっと疲れが出てきている時間帯…

ぐんぐんの先生やらフリーの先生やら

集まる♪集まる♪

 

「僕がギター弾きます(*^_^*)」

S先生が習いたてのギターで

ハッピーバースデー♪の曲を~

 

それに合わせてみんなで歌いました。

М先生嬉しそう(#^.^#)

いくつになっても誕生日は嬉しい日♪

ひとりひとりの誕生日を

これからも大切にしていきます!

 

わく・のび・きら  塩崎

 

カテゴリー: 園のこだわり
2015年4月22日 水曜日

先日、2歳になる甥っ子をお預かりしました。
兄夫婦からは、とても有難がられましたが、私はその日が楽しみで楽しみで…♡

大好きな『ひつじのショーン」に釘付けの甥っ子の後姿に手を振り出ていく2人。
まずは、第一関門突破です。

私は、いつ2人がいなくなったことに気付くのか楽しみな部分もありましたが…(笑)
テレビに飽きると次の遊びへ。
結局、心配する2人をよそに1回もグズることなく、楽しい時間を過ごしました。

近くで成長を見てきているからこそ、今回の姿にも“お兄ちゃんになったなぁ”と
成長を感じる場面がたくさんありました。

一緒に成長を話して喜べたり、感じたり、そういう温かい中で成長を見守っていけるのは
幸せだなぁと思います。
帰ってきた2人に目がとろけてしまっている程の満面の笑顔で迎える甥っ子の表情に
『やっぱり親は格別だ!!』と感じることでした。

今年度は01歳児の担任になりまして、お迎え時の子どもたちの笑顔からも
それは充分に伝わってきます。

目に見える成長も大きいこの時期。
園での子どもたちの姿、保護者の方と大いに喜び合っていきたいと思います!!

里帰り中の妹からも一言…。
『今度は私たちもよろしくね♡』
『・・・喜んで!!(笑)』

 

はぐはぐ・るんるん 諏訪園

カテゴリー: 園のこだわり
2015年4月21日 火曜日

わくわく組で劇ごっこをしました。

「おおかみと7匹のこやぎ」というお話をしました。

おおかみ役が3人、こやぎ役が4人ずつ交代で行いました。
子どもたちにとって親しみのある物語だったので子どもたちはすぐに
役になりきっていました。

特に、女の子は女優さんですか?と聞きたくなるくらいなりきっていました(笑)

ここで、私がすっごく面白いと思った場面を紹介します。
おおかみ役がこやぎの家に入り、家具に隠れているこやぎをおおかみが探すという
場面があります。その場面での出来事です。

おおかみ役になったKちゃんが、机の下に隠れていたこやぎやくのRくんを見つけました。
物語の流れでは、こやぎはおおかみに食べられてしまいます。
しかし、ここがわくわく劇場の面白いところです!!

おおかみに見つかったこやぎは、なんと闘いを挑んだのです!!
こやぎにビームをされたおおかみは、大号泣!!
「なんでー(>_<)」というKちゃんの思いが見ているだけで伝わってきました。
そんなこと全く気にしていないRくん。
二人の真逆の姿に思わず笑ってしまいました。

きっと3歳児だから見られる姿ですよね♪
物語通りに進めていくことは決して当たり前ではないのですね!!

劇ごっこの時だけではありません。
普段、当たり前!っと思っていても子どもたちにとっては当たり前ではないことが
たくさんあります。子どもたちと過ごしているといつも自分がしている事は、当たり前
ではないのだと感じさせてくれます。

これからも子どもたちと過ごしていくことで、様々なことに気づいていきたいなと思います。

345歳児 月グループ 柿内

カテゴリー: 園のこだわり