園のこだわり
2014年11月21日 金曜日

おたのしみ会 2日前。
プログラム、来場者の名札、駐車許可証など
入ったファイルを保護者、一人ひとりに
説明をしながら渡しました。

渡し始めて、きらきら組のひとりの子の分が
見当たりません。少し前までは、自分の手に
持っていたはずなのに。何故?

保護者の方に待っていただき、捜索を開始
自分の記憶を巻き戻し、捜せど見つからず
職員2名も捜索に加わります。

数分前に渡した保護者の方々に、他の人の物まで
渡していませんかと確認の電話をする始末。
そこへ「ありました」の声。
渡すことができて胸を撫で下ろしました。
のびのび組の保護者を見間違い、取り出し返す時
入れ間違ったのが原因でした。

落ち着いて捜したら、気づいたはずなのに・・・
混乱状態だとひとりの力では解決できない事を
我が身で経験しました。

いよいよ明日は おたのしみ会。
職員、一丸となって準備を進めています。
慌ただしくなると、パニくるとまではいきませんが
お互いを思いやり、それぞれが役目を果たしています。
職員のパワー溢れる働き方に頼もしさを感じ、一緒に
働く楽しさ、喜びを痛感しています。

そして、明日は子どもたち一人ひとりが輝く
おたのしみ会でありますように。その成長を
保護者の方と共有できたらと思います。

主任 山下

カテゴリー: 園のこだわり
2014年11月20日 木曜日

見守る保育について東京へ研修に行きました。

自園が取り組んでいる見守る保育。
その手本としている保育園へ見学に!(^^)!
家具などがしらゆき保育園と一緒で
東京にきても見慣れている風景に
なんだか落ち着いた気持ちになりました。

保育士の言葉かけ、部屋の環境設定
勉強になることがいっぱいで感動しました(^O^)
やっぱり聞くことよりも見ることの方が
何倍も実感できて子どもの姿が何より
見守る保育の良さを出していました(*^。^*)

講話でも「子どものために」「子どもを主体に」の
言葉がたくさんでてきて他にも400園もの保育園が
見守る保育を実践している、し始めていると聞き
「子どものために」頑張っている保育者が
大勢いることを知ることができました。
自分もその一人として頑張ろう!と
気合を入れて鹿児島に帰ってきました♪

学んできたことをしっかりしらゆき保育園の職員に伝え
これからも「子どものために」試行錯誤しながら
頑張っていきます(*^。^*)

はぐ・るん組 みかんグループ 塩屋

カテゴリー: 園のこだわり
2014年11月19日 水曜日

寒さも一段と厳しくなり、

冬の訪れを感じるこの頃。

暖かい春の頃と比べると、

最近ますますお話じょうずになっているぐんぐんさんです。

「おはよう!」と朝、お部屋に来ると、

「○○ちゃん、おはよう!!」

と、仲のよいお友だちがやってきます。

「昨日はね・・・」とお家での楽しかったことや、

「○○が好き!」とヒーローの話、

「今日のお洋服かわいいでしょ?」と

女の子たちはファッションの話まで始めます。(^^#

 

日常的なおしゃべりだけでなく、

相手に自分の気持ちを伝えることも上手になっています。

お友だちと気持ちがうまく合わずに

トラブルになることもしばしばですが、

最近は

「やめて!」「いや!」

と自分が今不快になっていることを

”言葉”で伝えている声がきこえてきます。

また、泣いているお友だちに、

「大丈夫?」「どうしたの?」

と優しく頭に手を置きながら声をかける姿も見られます。

そんな暖かな場面を見ると、胸がほっこり。

子どもたちを、とても誇らしく感じるこの頃です。(^^

 

自分の気持ちを伝えて言葉にするのも

”お話じょうず”

相手の気持ちを汲み取って声を掛けるのも

”お話じょうず”

 

これからも日々、様々な関わりを通して

素敵な”お話じょうず”になってくれると思います。

 

ぐんぐん 大平

カテゴリー: 園のこだわり
2014年11月18日 火曜日

今年も残りわずかとなってきました。

11月に入って朝夕は特にぐっと寒くなりました。

しらゆき保育園の子ども達は、おたのしみ会の練習や

戸外で体を動かして元気いっぱい過ごしています。

子ども達と一緒に過ごしていると

お友だちとおもちゃの取り合いになったり

転んで痛いおもいをしたり

小さな子どもたちは子どもたちなりに

相手の気持ちになったり自分の気持ちを我慢して

お友だちに譲ってあげたり・・・。

いろんなことを感じて成長しているのだな。

と感じます。

子どもたちから、たくさんの大切なことを

日々教えてもらっています。

これからも、子どもたちのきらきら笑顔が

輝いていられますように・・・。

はぐはぐ・るんるん

りんごグループ

徳留

カテゴリー: 園のこだわり
2014年11月17日 月曜日

11月15日()保護者の方にご協力いただき

保育園の一斉大掃除が行われました。

保護者の方には、外やテラスを掃除していただき

大量の灰の撤去作業をすることができました。

ありがとうございました。

 

子ども達も保護者が掃除する姿を窓越しに見ながら、

2階保育室の壁や棚、ロッカー等を分担して掃除しました。

「きれいになって、気持ちのいいところで

おたのしみ会ができたら最高ね❤」

なんて言いながら、

子ども達にアルカリ水で洗った雑巾を渡すと

それぞれの持ち場に帰って行きました。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな張り切って楽しみながら掃除する中

「疲れたから、もうやらない!」

と言う子もいました。

「周りのお友だちを見て!どうしている?」

その子は、何も言わず友だちの元へ帰って行きました。

 

ここで自分の気持ちを素直に言えたこと。

周りを見て判断し、また掃除へ行ったこと。

この姿は、当たり前のことかもしれないのですが・・・

とても難しく、最近無くなりつつある光景かもと感じたのです。

 

空気を読んで周りに合わせることは、

自分の気持ちより周りを重視して初めて可能になる行動です。

社会性ってそのようなことが大切なように感じ、

子ども達は明らかに成長していると感じました。

 

 

今週土曜日(22日)は、皆さんが楽しみにしているおたのしみ会です。

子ども達が日頃から生活している場で、

これまでの成果を存分に発揮し、安心して楽しく表現する姿を

皆さんと一緒に喜び、感動し合えることを楽しみにしています❤

 

わくのびきら 太陽グループ 青屋

カテゴリー: 園のこだわり