園のこだわり
2015年8月27日 木曜日

8月17日から2週間、お食事チームに
初々しくてがんばり屋さんの実習生が2人やってきました。

調理から献立作成、その他の帳表作成、子どもたちへの
食育指導など、この2週間で学ぶことがたくさんあり、
忙しくも充実した日を過ごしてもらえているかな…と感じながら
自分たちの時以上に学ぶことが多くて大変だけれど
ぜひ、がんばって!!と応援したくなります(^0^)/

子どもたちもやさしい先生が増えた(♪)と喜んでいるのか
とても積極的に話をし、お食事の時間を
より楽しんでいるようです。

 

がんばり屋さんの実習生に影響され、私も
初心を取り戻して、まず夏を乗り切り
食欲の秋、稔りの秋にむけ
ますますがんばっていくゾー!と決意するのでした。

 

お食事チーム 田中(り)

カテゴリー: 園のこだわり
2015年8月26日 水曜日

3・4.5歳児では、子供たちが色んなお当番をしています。
その中で、お食事お当番があります。
月曜日から金曜日までのお当番を、写真で掲示してあるのですが、
自分の写真を見て、

 

CIMG1763

 

 

 

 

 

「今日はお当番だから頑張る~♡」
「明日お当番だから楽しみ~♡」
「2回寝たらお当番だよ~♡」

などなど、楽しみに保育園に来てくれる子供たちがたくさんいて、
嬉しく思います(*^_^*)

 今まで、お当番のエプロンは紐を前で結ぶタイプの物で、
子供自身がつけるのは中々難しく、エプロンと三角巾は、
職員が一人一人に着けてあげていました。 

先日、他園の視察に行かせてもらった時、そこの園の子供たちが、
自分でエプロンを着けているのを見て、しらゆき保育園の子供たちにも、
自分で着けられるエプロンを使わせてあげたいと思いました。
園にあった可愛い柄のエプロンを、ゴムやマジックテープに変えて、
自分で着けられるようにアレンジしました。

CIMG1775   CIMG1776 

 

 

 

 

自分で簡単にエプロンが着けられるので、
お当番の仕事もスムーズに始められます。 

 

CIMG1778CIMG1780

 

 

 

 

 

子供たちがエプロンを着けることを楽しみに、
しらゆき保育園に来てくれたらいいな~♡

 

わくのびきら 冨山

カテゴリー: 園のこだわり
2015年8月25日 火曜日

まだまだ暑い日が続いていますが、8月も終わりに近づき
我が子の夏休みも後半戦 宿題に追われ、
夏が終わっていくなぁ~と感じています。

毎年夏になると楽しみにしていることがあります。
それは、全国高校野球選手権大会『甲子園』です。
息子が野球をしていることもあり、夏になるとよくテレビで
野球を見て、応援しています。
球児の汗や涙が‘‘青春だなぁ~‘‘と思って
いつもいつも元気をもらっています。

 

さて、今年も保育園でもたくさんの夏の遊びを楽しみました。
かき氷屋さんが登場し、子ども達は大喜び!!
私もマンゴー味のかき氷をいっぱい食べました(^-^)
子ども達と一緒に食べていると、
きらきら組のAちゃんが「しろくまもおいしいよね~」と
話してくれたので「しろくまって知ってる!?」と聞くと
「知ってる~食べたことある~!かき氷の上にのってる
果物がおいしいよね。」と、満面の笑みで教えてくれました。
しっかり鹿児島の味をわかっているAちゃん、
嬉しくなりました♡

 

暑さに弱い私なんですが、今年の夏は!今年の夏も!?
楽しかったです。あともう少し楽しみます♪

 

はぐるん 内原

カテゴリー: 園のこだわり
2015年8月24日 月曜日

小学校・中学校のお兄さんお姉さんが

夏休みのこの期間♪

保育園の子どもたちも一緒に休むことが多くなっています。

数日後、小麦色に日焼けして登園したり、

「あのね、〇〇に行ってきたよ!」と

笑顔で報告したり・・・

夏休みを家族で楽しんでいる様子が伝わってきます。

あるいは毎日、保育園へ元気よく登園して

夏の遊びを友だちと満喫しながら

同じく小麦色に日焼けする子もいます。

いずれにしろ、元気よくこの暑い夏を乗り切れそうなので、

嬉しく思っています♥

私もそんな子どもたちから元気をもらいながら、

どうにか夏を乗り切れそうです。

 

わくわく組のTちゃん。

わたしの首のホクロを触りながら

「先生、ここにてんとう虫がいる。ウフフ… 😀 」

と言っていました。

他にもチョコレートに見えたり、

「ピンポーン♪」とホクロを押してみたり、

ホクロ一つでも楽しめる子どもたちの発想に笑いつつ、

みんなに触られ最近成長しているようで…

少し心配な私です(笑)

 

また、本日よりわくわく組に

新しい友だちのYくんが増えました。

その友だちが不安だろうと思ったきらきら組のKくん。

わくわく組のAくんに手を握ることを提案。

Aくんもそのことに賛同し、

ずっと手を握っていました。

二人の優しさが伝わって、きっとYくんは安心できたのでは・・・!?

と思うことでした。

 

RIMG3805

 

 

 

          わくのびきら  青屋

 

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2015年8月21日 金曜日

8月20日、英語あそびの合間にニガウリを料理して
きら・わく・のびの順にいただきました。

子どもたちの反応は・・・
ニガウリと聞いて、現物を見て、触って、嗅いでみて
すぐに「くさい」「まずそう」のつぶやきが聞こえました。

ニガウリを縦半分に割り、中の種と一緒にふわふわの綿を
取り出すと「ちょうだい」「ちょうだい」の嵐。
渡すと種を握りしめて「植えてみよう」と小さなつぶやきもありました。

まずは、生ニガウリ(酸性水で洗った物)に
塩吹昆布を混ぜて、一丁上がり。
食べる子、食べない子とはっきり分かれ、中には
塩吹昆布だけ食べる子もいました。

次に、ツナ缶と豆腐を入れたゴーヤチャンプル。
子どもたちの前で、フライパンで炒め、調味料の砂糖
醤油・ゴマ油を入れるとおいしいそうな匂いが漂います。

出来立てを出すと、「熱っ」と言いながら頬張る子
それを見て食べてみようかなと、恐る恐る口に運ぶ子
食べたけど「にがっ」と吐き出す子、一口も食べない子
とそれぞれ食べ方は違いました。

1番大きく、緑色が濃いニガウリをきらきら組が食べて
気合の入った苦さでしたが「ニガウリ大好き」
「おばあちゃの好物なんだよ」と話してくれる子もいました。

意外に、良く食べたのがわくわく組でした。苦さがあまりなく
味付けが良かったからでしょうか。

のびのび組は、好き嫌いがはっきりして、食べる子は
おいしそうに食べて、その中に野菜を苦手とする子が
食べていて、職員で喜び合いました。

ニガウリを子どもたちの前で料理して、食べようと
思い立ったのは2日前。年輩パワーでやりきり旬の
ニガウリを存分に味わい、楽しみました。

                 主任 山下   

           

  

カテゴリー: 園のこだわり