園のこだわり
2016年8月23日 火曜日

先日、2歳の息子が夏祭りで金魚すくいをしました。
もらった金魚の袋を大事そうに持ち上げ、「きんぎょ、かわいーねー♡」と
とても嬉しそうでした。

その後、花火を見た後に「はなびこわくなかった?」「だいじょうぶだった?」
と金魚に話しかける息子。
私は息子が生き物に対して、そんな気持ちで接することができるんだなあと、
なんだかジーンときてしまいました。

翌日、さっそく水槽を準備し金魚を入れてあげると、しばらく嬉しそうに眺めていました。
そんな息子を見て、一緒に大切に育てていこうと思いました。

 

9日のブログで書いてあった合同研修に私も参加した際に、
「部屋で金魚を飼ってから、子どもたちが落ち着いてきた感じがします」とお聞きし、
「いいね」とわたしも思いました。

生き物を飼いながら子供たちはたくさんの事を学ぶのではないかなと思います。
もう職員室には、水槽を準備してあるので、ここにどんな生き物がやってくるのかとても楽しみです。

 

                       ぐんぐん 山下(ゆ)

カテゴリー: 園のこだわり
2016年8月22日 月曜日

4年に一度のオリンピック!

今回はブラジルのリオで開催されました。

日本代表のあらゆる競技の選手の活躍に

ハラハラ、ドキドキと胸が苦しくなりながらも

テレビの前で釘付けになってしまいました。

今回、メダル獲得数過去最多!!

その数以上に感動をもらいました。

やはり、次回の開催が「東京」ということもあって、

それを見据えた日本スポーツ界の意気込みが

背景にあるように感じました。

 

特に、これまで難しいと言われた4×100mの男子リレーの

銀メダル獲得という偉業には

世界も目を見張るものがあったようです。

しかし、そこにはみんなで取り組んだ精密機械のような

バトンリレーのタイミングの取り方と

信頼関係の強いチーム力があったようですが…

ゴールの瞬間、私たちに夢と感動を与えてくれた

4人のコンビネーションには、脱帽でした。

 

話は変わりますが、我が保育園でも

子どもたちの成長や関わりの中で、常に感動をもらっています。

今生後3ヶ月のHくんが寝返りをしそうなところを

「がんばれ!もうちょっと!!」と

みんなでエールを送りながら見守っていました。

すると、近くにいた子どもたちも見守ります。

保育者みんなが同じ思いで見守る姿に

子どもたちも同じ思いになっているようで嬉しくなりました。

同時にこのチーム力と子どもの成長は、

オリンピックの感動にも負けないと改めて思いました。

そして、子どもたちの将来に夢をはせながら、

この夏は、心の中が幸せな気持ちで満たされ、

暑さに負けないくらい『熱い心の夏』となりました。

はぐ・るん   青 屋

 

カテゴリー: 園のこだわり
2016年8月19日 金曜日

6月からしらゆき保育園に仲間入りさせていただきました倉元と申します。
私自身、保育園で働くことは初めてですが、毎日元気いっぱいの可愛い
子どもたちに囲まれ癒されながら楽しく過ごしています。

しらゆき保育園に来てからあっという間に3ヶ月が経ち、子どもたちも顔を
覚えてくれたり、抱っこを求めてくれたりしてくれるようになりました。

6月の頃には、歩かなかった子どもたちやつたい歩きだった子どもたちが
今では、しっかりとした足つきで歩けるようになり、本当に子どもの成長スピード
にはびっくりさせられます。

子どもたちの成長を見守りながら、私自身も一緒に成長していけたらと思います。
はぐはぐ、るんるん組の一員として頑張っていきますのでこれからよろしくお願いいたします。

                  はぐはぐ・るんるん 倉元

 

カテゴリー: 園のこだわり
2016年8月18日 木曜日

日々、子どもたちと関わる中で好きな瞬間があります。

「ありがとう」と子どもが言う瞬間です。

「ありがとうは?」と求めているわけではありません。
自然にさらっと「ありがとう」と言うです。

その言葉を聴く度に、すごいな!!
人に感謝する心を持っているのだなと思います。

もちろん、大人に対してだけでなく子どもたち同士の関わりの中でも
素直に「ありがとう」と言っている姿が見られます。

簡単な言葉だけれども難しいですよね?
少し恥ずかしかったりしますよね?きっとみんな子どもの頃に経験して
いると思います。そして、大人になってからもあると思います。

「ありがとう」「ごめんなさい」「おはようございます」など、いろいろな
挨拶を素直に言える子どもたちに育ってほしいなと思います。
と言うことで、まずは大人が日々素直な心を持って子どもたちと関わって
いかなければいけないなと感じました。

                      職員室  柿内

 

カテゴリー: 園のこだわり
2016年8月17日 水曜日

 最近、少しずつトイレトレーニングに挑戦している
るんるん組の子どもたち。シャワーの前やお昼寝から
起きた時など、トイレに誘ってみています。
 トイレトレーニングを始めたばかりの頃は、
慣れないトイレに座るのもイヤイヤな子どもたちもいました。
でも、そこは保育園のいいところで、他のお友だちが
トイレに座っている姿を見ることができます。
すると、『なーんだ。座るだけかー』と安心するのか、
表情は固まりながらも座れるようになったり、
自分から座ろうとする姿も見られるようになってきています。
また、排泄が成功しているお友だちの姿をまじまじと見ていたり、
子ども同士刺激を受けているのだろうなと思う場面がたくさんです。

 最近では、トイレに座ることもだいぶ習慣になってきていて、
タイミングが合うと排泄が成功する子どもたちも増えてきました。
暖かい夏の間に、楽しく挑戦できるようしていきたいと思います。

 

              はぐはぐ・るんるん 前田

カテゴリー: 園のこだわり