園のこだわり
2016年2月12日 金曜日

昨日、しらゆき保育園では
園内研修がありました。

研修をするにあたって事前に、
色んな形の貝の中から自分の好きな形の貝を選び、
来年度に向けての自分の思いを込めた一文字を、
刻んでいただきました。

研修当日は、自分の貝をより輝かせるために
先生たちと協力しながら、手と手を取り合いながら、
話を楽しみながら、あっという間の時間を過ごしました。

もちろん貝磨きは大成功!

たいへん貴重な経験をさせて頂きました。

DSC02702

事務:向

 

 

カテゴリー: 園のこだわり
2016年2月10日 水曜日

まだまだ寒い日が続いていますが、もうすぐ3月。

4月に入園した子ども達も、あっと言う間に1年が経ちます。

私は途中で入職したのですが、

今受け持たせて頂いているはぐはぐ・るんるんさんを見ていると

本当に子ども達の成長には驚かされることが多かったです。

立って、歩いて、自分で食べられるようになって、

着替えやトイレも「自分で!」とすることができるようになって

日々の積み重ねはもちろんなんですが、

子ども達の意欲も日々成長しているように感じられて、

何だか嬉しく思いながらの毎日です。

子ども達を見ていると、以前教えてもらった

『生まれてきたこと、それこそが奇跡』という言葉がよく分かる気がします。

出来て当たり前に見えても、出来ていくことが大変なことで凄いことなんですよね。

これから先、1つお兄ちゃんお姉ちゃんになっていく子ども達をこれからも見守って、

共に成長していけたらな…と思う今日この頃でした。

 

はぐはぐ・るんるん  中村

 

カテゴリー: 園のこだわり
2016年2月9日 火曜日

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」

と言われるものですが・・・

1月は、あっという間に行き、

2月も数日が逃げました。

 

そのような中、きらきら組が就学へ向け

単独クラスになり、生活しています。

「待っていました!!」と・・・

子どもたちはもちろん、

私たちもいろいろな遊びを準備しました。

 

将棋、ボードゲーム、指編み、ゴムアクセサリーなどなど

「あっ!それやりたい!!」

「一緒にしようよ☺」

「楽しいね🎶」

「見て~、できた✰」

と、友だちとの関わりは深まるばかり。

反面、卒園を意識した子どもは、

早くも寂しさを感じる子もいます。

RIMG6347                            

 

 

 

RIMG6344        

 

 

気付いたいろいろな気持ちを

心の奥底に、そっと閉まって、

残りの園生活を楽しんでほしいと思っています。

それにしても、心も体も本当に大きく成長しています(*^^*)

 

 

話は変わりますが、我が家でのこと。

急遽、テレビを買い替えることになり、

夫と息子二人がリビングで設置に取りかかろうとしています。

夫が私を見て

「見てみろ!」とのアイコンタクト。

 

これまで、電化製品や家具など

すべて親任せだった息子二人が、

夫を頼ることなく、二人で設置し始めたのです。

 

「大きくなったな~!」と 

食事の準備をする私に

小声で話しかけてきた夫。

いつの間にか、親を頼らず追い越していく時が来るのだと

しみじみ感じた瞬間でした。

(嬉しさ半分、寂しさ半分!)

 

 

そして、きっと保育園の子どもたちにも

そのような瞬間が訪れるのだと思いつつ・・・

時の流れを止めることはできません。

後戻りもできません。

改めて、その時その時を

大切にしていきたいと心から思いました。

 

わくのびきら  青屋

カテゴリー: 園のこだわり
2016年2月8日 月曜日

冷たい風が吹き、寒い日が続いています。
鼻水の出る子も多いので、
体調の変化には十分注意したい季節になりましたね。

先日、誕生日を迎え、3歳になった娘の話ですが
自宅では、食事中、スプーン・フォークが上手に握れるようになった時、
お箸に興味を持ったので、お箸での食事をしていました。

娘の通う保育園では、
スプーンとフォークを使っての食事でした。

2月に入り、保育園の先生に

「お箸とスプーンとフォークの入ったセットの準備をしてください。」

と言われ、大好きなアンパンマンのお箸セットを買いました。
クラスの中でも1人だけ使っているようで、帰ってくると

「アンパンマンのおはしじょうずだった~  :-) 」

と、いつも教えてくれます。

スプーンとフォークの握り方が上手になってからのお箸だったので
最初は苦戦していましたが、スムーズに持てるようになりました。

何より、興味を持ち始めた時が、
次へのステップになったような気がします。

 

しらゆき保育園の子どもたちも、
いろんな物に興味を持ち、発見し、楽しく過ごしているので
これからも、ひとつひとつの成長を喜び、
見守っていきたいと思います。  

 

はぐはぐ・るんるん 寺内

カテゴリー: 園のこだわり
2016年2月5日 金曜日

2階わく・のび・きらのお部屋に
「いまの きもちは どんなきもち?」と
表示する感情表現パネルのコーナーがあります。
そのパネルには「うれしい」「かなしい」「おこっている」とあり 
朝登園したら 子どもたちは自分の顔写真の
マグネットを置きます。

時々 どうして?(うれしいのか かなしいのか おこっているのか)
を子どもたちに尋ねると なるほどと納得したり
「そうだったのね」と気持ちに 寄り添うことができたり
吹き出しそうになることもあり 子どもっておもしろいなぁと
思ったりします。

2月からは ぐんぐんの子どもたちも 感情表現パネルに
自分の顔写真のマグネットを置くようになりました。
ひとりの男の子に どうしてうれしいの?と尋ねると
「朝お母さんからガムをもらったから」としっかり答えてくれました。
朝からガム?と思い 保護者の方と話をすると ガムはフッ素が入った
歯みがきのガムであることがわかり 保護者の方と話すきっかけにも
なったりします。

きらきらの中には 朝園に来た時はうれしい 
午後になると友だちとカンカしておこっているに
置き変えて今の気持ちを表示する子もいて
一日の中で気持ちが移り変わることに気づかせられます。

3階ランチルームには 味覚を表示するパネルのコーナーも
あります。おいしい・おいしくない・あまい・からい・にがい
すっぱいに食後 顔写真のマグネットを置きます。ほとんどが
おいしいを表示している中に あまいがあり尋ねると
カミカミ大豆サラダの中においもが入っていたからと
答えた時には驚きでした。

子どもの気持ちや考えを引き出すのに
感情表現パネル・味覚パネルは役立っています。
子ども一人ひとりに寄り添うことができたらと思います。

 

                主任 山下

 

 

カテゴリー: 園のこだわり